ボブやロングは?お葬式の髪型マナー

お葬式は故人をお見送りする儀式なので、オシャレをする必要はありません。服装やアクセサリーのマナーを守るのはもちろんですが、ヘアスタイルにもマナーがあるのを知っていますか?特にボブやロングヘアの人は注意が必要です。

<顔周りにかかる髪はまとめるのが原則>
お葬式の場合、髪の毛はなるべくまとめるというのがマナーになっています。これはなぜかというと、お焼香などでお辞儀をするとき髪の毛が邪魔になってしまうからとも言われています。お辞儀をするたびに髪を整えるというのは見た目にも良くないですし、遺族や参列者に対しても良い印象を与えません。

ショートヘアの人は髪の毛をまとめるというのは難しいですが、なるべく顔周りはスッキリさせるよう、耳にかけたりピンで留めるなどすると良いでしょう。ボブ〜ロングの場合は髪の毛を一つにまとめるようにしましょう。

<お葬式でオススメのまとめ髪>
髪の毛はまとめるのが良いとされていますが、ハーフアップなど一部をまとめるのはマナー違反になることがあるので注意しましょう。またポニーテールなど耳よりも高い位置で結ぶことも、華やかなイメージになりがちなのでマナー違反になってしまいます。髪をまとめる位置はあくまでも“耳よりも下の位置で”が鉄則です。

○一つに束ねるだけでも良い
華やかさを出す必要はないので、耳より低い位置の後頭部で一つに束ねて結ぶだけでも問題ありません。時間がないときなどでもサッとまとめられるのでオススメです。短い毛が出てくる場合はピンで留めましょう。

○ロングは低い位置でお団子
1つに束ねて結ぶだけでももちろん良いのですが、ロングの場合余裕があるときは結んだ髪の毛をねじりながら結び目に巻きつけて、ピンで留めるお団子にすると、とても上品なイメージになります。上品なまとめ髪として夜会巻きがありますが、華やかなイメージがプラスされてしまうので好ましくありません。ロングでも特に長い人は、1つに束ねただけだとお辞儀をしたときに毛束が邪魔になることがあるので、お団子ヘアがオススメです。

<こんな髪型のときはどうする?>
前髪や髪色など、髪をまとめる以外にも注意しなければならないことがいくつかあります。

○前髪の長さ
前髪が目にかかる長さだと、周りにあまり良い印象を与えません。前髪が長い人はなるべくピンで留めるなどして顔周りをスッキリさせましょう。ポンパドールは華やかさが出てしまうので好ましくありません。

○髪の色
黒〜濃い茶色くらいの髪色なら問題ないのですが、それよりも明るい茶色や金髪など黒や濃い茶色以外の髪色の場合は、基本的には黒く染めるのがマナーです。ただ、染めると元の髪色にするにはまた染め直さなければならなくなるので、黒髪スプレーなどで1日だけ黒髪に戻すのが良いでしょう。

○パーマ
パーマは華やかなイメージになってしまいます。パーマをかけている場合はきっちりと髪をまとめるようにしましょう。一つに束ねるだけだとパーマのカールが出てしまうので、お団子にすると良いですね。

お葬式では服装だけじゃなく髪型にも気をつけなければなりません。前髪の長さや髪色などにも注意して、まとめ髪で参列するのがマナーです。

ページの先頭へ戻る